川辺の新緑-双六川

 新緑が美しい季節となりました。久しぶりに双六川へ出かけました。一昨日の大雨で水は濁りがとれていませんでしたが、新緑がまぶしい里や川辺でした。 

2022.04.28 3分46秒

[ 2022/04/30 00:00 ] 双六ブルー | TB(-) | CM(0)

春の里

 暖かな陽射し、小鳥の声が絶え間なく聞こえてきます。
  ふと見ると、笠ヶ岳にはもう「白馬」が現れています。もうそろそろ稲代づくりの準備に取りかかるころです。
  ひばりや雉、お食事に精を出しています。

 2022.04.25 4分16秒

[ 2022/04/29 00:00 ] 春の風景 | TB(-) | CM(2)

撮影時の機材

これが、撮影時の機材です。
フィルムカメラ時代とは雲泥の差です。

カメラ:Canon Power Shot SX 70 HS  マイク:FUJIFILM MIC-ST1
レコーダー:OLYMPUS Voice-TrecVN-722PC  他 三脚、ホルダー

何しろ軽いのが取り柄です

01.png

通常は、カメラだけ、あるいはマイクを装着した状態で撮ります。
後者は、特に小川のせせらぎや小鳥の囀りなど背景音をしっかり録りたい場合です。

02.png

しかし、小鳥のさえずりなどはカメラを構えている時だけとは限りません。
突然の場合もありますし、カメラで撮っても適当な画像でないこともあります。
そんな場合は、録音機単独かあるいはマイクをつけて、背景音を録ります。
カメラの録音よりはこの方がクリアーに録れます。
そして、
後の編集時にそれを必要に応じてアフレコします。

11.png12.png

ところで、
移動しながらの撮影も時々していますが
手持ち撮影です。
ですからどうしてもブレは大きくなります。

そこで、
ほしいと思っている機材は3軸のジンバルです。
これに載せると移動しながら撮影してもぶれません。
ただし、性能がよいものは高価、
へそくりを少しずつ貯めていますが
果たして間に合うでしょうか。

写真はサンプル、例えばこんなのです。

st.png

[ 2022/04/28 00:00 ] ちょっとひと休み | TB(-) | CM(2)

春の息吹

 草花や木々が芽吹き、花や若葉に辺りが包まれていきます。日々新しく命の移ろいを肌で感じる季節です。

 2022.04.24 3分20秒
[ 2022/04/27 00:00 ] 春の風景 | TB(-) | CM(0)

まったりとした刻が流れて-山田ダム湖

 湖畔を走る車の騒音が時折・・、しかしそれも小鳥の声に消されそう。カモがまったりと羽繕いをしている、のどかな湖水です。

 2022.04.22 4分00秒
[ 2022/04/26 00:00 ] 水鳥 | TB(-) | CM(2)

まどろみの森

 土手の野花、身を屈め覗くとまるで野花の森・・。森をさまよううちにまどろみへの誘惑に誘われます。

 2022.04.21 2分49秒

[ 2022/04/25 00:00 ] 春の風景 | TB(-) | CM(0)

今が旬

 ボケが今まさに旬となりました。咲き始めた花海棠とのコラボを楽しみます。フジノピンクはすでに満開、その辺りを白く染めています。

 2022.04.21 2分06秒

[ 2022/04/24 00:00 ] 春の風景 | TB(-) | CM(4)

物静かなお客様-ヒヨドリさん

 ボケ亭の客様はとても物静かな方です。ご来店になっているかどうかは じっくり見ないとわかりません。
  この方はボケ亭では人、いや鳥が変わったようです。花びらの器にやさしくくちばしを寄せて、愛おしむように蜜酒をお嗜みになります。
  そして、来店されたときと同じように静かにご退出されます。

 2022.04.19 1分18秒

[ 2022/04/23 00:00 ] 小鳥 | TB(-) | CM(0)

はな散るころ

 風が誘うたびに花は梢を離れ旅立ちます。水面はもう花筏で埋め尽くされています。
 花の浮き橋、途絶えることなく続いています。零れ桜、桜吹雪・・、はなの終演の贅沢なひとときです。
 待ち焦がれ、そして過ぎ去るはなの移ろい。もう今から懐かしさがこみあげてきます。 

2022.04.19 4分15秒

[ 2022/04/22 00:00 ] 春の風景 | TB(-) | CM(0)

春の野花

 冷たい雨が上がり暖かい陽射しが戻ってきました。かがみ込んで野の花を愛でながらまったりと歩いてみました。

 2022.04.17 3分05秒

[ 2022/04/21 00:00 ] 春の風景 | TB(-) | CM(0)