秋の日の記憶

 トンボ捕り、夏より秋の日が浮かびます。風に揺れるコスモス、枯れ色の緑の中に映える彼岸花・・。秋は過ぎ去った日々、子どもの頃を思い出させます。

2020.09.27 2分24秒
[ 2020/09/30 00:00 ] 秋の風景 | TB(-) | CM(2)

白川郷「どぶろく祭り」-獅子舞③

 白川郷では毎年10月頃、五穀豊穰・家内安全・里の平和を山の神様に祈願する「どぶろく祭」が盛大に行われます。
 白川村の各地区の神社で、御神幸、獅子舞、歴史と民話にまつわる民謡や舞踊などの神事が繰り広げられる、歴史と伝統ある白川郷ならではの祭りです。
 祭礼には神酒として「どぶろく」が用いられ、人々にも振る舞われます。

(なお今年は、新型コロナウイルス感染症の終息が見えない状況の中で、参拝者及び関係者等の感染拡大防止の観点から神事のみの催行となり、どぶろくの振舞い・民謡・獅子舞の奉納は行われません。)

~ 過去のものでつなぎます ~

飯島神社 獅子舞 2016.10.19
 ○寝獅子 3分25秒

 
[ 2020/09/29 00:00 ] 今に繋ぐ | TB(-) | CM(0)

棚田と板倉の里 種蔵

種蔵
2020.09.22 3分57秒

[ 2020/09/28 00:00 ] わが町紹介 | TB(-) | CM(2)

庭の蝶 9月

 9月に入るとめっきり蝶が少なくなりました。朝夕の冷えに加えて雨が多くなったからでしょう。春に植えた花々もしだいに寂しくなっていきます。
 いつもの秋より、今年は寂しく感じます。
 ところで待っていたキアゲハの幼虫、姿を見せてくれました。

2020.09.26 2分54秒
[ 2020/09/27 00:00 ] 蝶の庭 | TB(-) | CM(5)

横丁探検-2

横丁
街なかにはたくさんの横丁があります。
その中から三つご紹介します。今日はその一つです。
なべや直線
なべや分岐
[ 2020/09/26 00:00 ] わが町紹介 | TB(-) | CM(0)

水 旅路の憩い

 水の流れ、時に急ぎ時にゆったり下っていきます。ダム湖はそんな水の憩いの場、木々や生き物たちとのふれあいの場です。 「エクリプス」羽のマガモ、カワアイサに遇えました。(遠くで、やっとで撮れました。ブレブレです。)
 2020.09.22 1分59秒

[ 2020/09/25 00:00 ] 水鳥 | TB(-) | CM(2)

色なき風に包まれて

 秋は風に乗ってやって来ます。草花も蝶も、そして人々も風に秋の気配を感じ取ります。
 里は、もう色なき風に包まれています。

2020.09.21 2分26秒

[ 2020/09/24 00:00 ] 秋の風景 | TB(-) | CM(8)

記録の中の街-1

 古い写真を見て、あまりにも今と違ったその様子に驚くことがあります。また、そこが少し前の記憶と違った風景になっていることに、ふと気づくこともあります。さらに、まさに変化しつつある瞬間に立ち会うこともあります。
 街は絶えず変化し、今があります。そんな街の様子を3回にわけてご紹介したいと思います。
 ところで今日の記録、これも撮った瞬間から過去のものになっていきます。そしていつか、変化する以前の記録として使われるかもしれません。

◎西里3丁目交差点
 火の見櫓があった 昭和15年頃
01.jpg

02.jpg

◎荒垣明治堂 大正時代
 朝日新聞の1面コラム「天声人語」の筆者として知られた荒垣秀雄氏生誕の家
03.jpg

 駐車場となっていたが、最近富山第一銀行が建った
04.jpg

◎神岡小学校
 昭和38年頃 木造校舎・プールがあった
05.jpg

 周囲は田畑で家並みは少ない 現在は家数が多くなっている
06.jpg

◎西里橋
 大正初期
07.jpg

08.jpg

 大正10年頃
09.jpg

 水辺旅館は改築されて同じ場所に在る
10.jpg

[ 2020/09/23 00:00 ] わが町紹介 | TB(-) | CM(2)

秋の日 宛のないままに

 芭蕉の句、”あかあかと日は難面(つれなく)も秋の風”の時期は過ぎました。筒姫様から竜田姫様に全権が委譲されたようです。
 宛のないままに出かけてみました。

2020.09.20 3分12秒 

[ 2020/09/22 00:00 ] 秋の風景 | TB(-) | CM(0)

初秋の土手道

 寂しそうな土手道、しかし屈み込むと、野の草花や虫たちのたくましい命の営みが見えてきます。そして周りからは賑やかな子どもたちの声が聞こえてきます。

2020.09.16 4分14秒

[ 2020/09/21 00:00 ] 秋の風景 | TB(-) | CM(0)